とりあえず日記

とりあえず日記

生活の記録

ZINEをつくりました

ZINE(ジン)をつくりました。

f:id:r_ps22:20210505110436j:plain

「ZINEとは英語で、「個人または少人数の有志が非営利で発行する、自主的な出版物」のことだ。(『野中ももの「ZINE」小さなわたしのメディアをつくる』)

◎経緯 

ZINE作成には以前から興味があって、文学フリマ(※)には客として行ったことがあったけれど、なんとなく縁がないなあと感じていた。そんな中、通っている銭湯で去年の秋にZINE持ち込み企画をやっておられたので、このブログの2020年4月の日記をまとめたものを作って置いた。

 ※小説やエッセイなど、幅広い「文学作品」の展示即売会。

主催の方が読んでくれたり、会ったこともないお客さんが読んでくれたという反応を店主の方づてに聞いたりして、気をよくして2冊目を作ろうという気持ちになった。

◎今回やってみたかったこと 

・表紙をちょっと分厚くする

前回は本文も表紙も全部コンビニのコピー用紙を使ったので、手に取るたびに折り目がついたりしてちょっとな…と思っていた。紙の種類には疎いので、とりあえず家庭用プリンタで使える・手触りがよい・お手頃なものを文具屋で買ってきた。

InDesignを使う

前回はぜんぶwordで作業したのだが、パソコンが古いせいか動作がクソ重く、まとめ作業中に発狂しそうになった。出版物づくりに特化したソフトへの興味と、Adobe製品使えたらなんかかっこええなという下心で使ってみた。ちなみにソフトは買い切りではなく一ヶ月間だけのサブスク契約。契約更新日までに完成させることにした。

・複数冊つくる

知人・友人にZINEを作ったという話をすると「読んでみたい」と言ってくれることがあったので、もしそういう人がいたら渡せるようにしたいなと思っていた。

◎内容

・2020年5月〜7月の日記のまとめ+あとがき
・A5サイズ、本文38ページ

f:id:r_ps22:20210505110442j:plain

主に、このブログに以前書いたことを加筆修正したものです。

 -シェアハウスでの生活

 -30過ぎての転職活動

 -それに伴いじわじわと体調を崩していく様子

 -銭湯めぐりの解禁

 -配信ライブが嬉しい楽しい

などについて書いています。ですが、某共同生活リアリティショー的な描写や転職活動のノウハウなどは一切ありません。淡々とした生活の記録です。最後に、日記を読み返して思うことなどを「あとがき」として加えました。

完成間近のタイミングでTwitterを開いたら、プロの編集者の「有名人でないかぎり個人の私生活に興味は湧きません。よほどの文才がない限りは」という趣旨のツイートを見て心が折れそうになったけれど、なんとか耐えた。

ジンを作る人たちに「自分のことを伝えるなんて恥ずかしい」だとか「自己満足」だとか「ガス抜きに過ぎない」だとかの意地悪を言う人たちもいる。だけど私は「伝えてみないと何も始まらないのでは?」と思う。ジン活動は自分の人生を主体的に生きるための練習であり、同時にかけがえのない本番。(『野中ももの「ZINE」小さなわたしのメディアをつくる』)

その編集の方の発言はZINEに向けられたものではないし、「意地悪」で言っていないのは十分理解できるのだけれど、救われた。野中さんありがとう…。

◎置き場所など

・源湯(京都市上京区

f:id:r_ps22:20210505115115j:plain

twitter.com

上述した銭湯です。風情と渋さがあって、ゆったりできて、ちょっと刺激もあるような、すてきなお風呂です。「春のZINE祭り」という、誰でもZINEを持ち込めるゆるい催しが開かれているので、そこに置かせてもらいます。

・手渡しなど

もし「手にとって読みたい」という奇特な方がおられたら、DMなどください。手渡しか、あるいは送りつけます。

◎ふりかえり

・基本は大事

喜び勇んでInDesignを使い始めたはいいものの、ひととおりの操作を覚えるので一苦労だった。諸々の機能は慣れれば(そして覚えていれば)次に何か作るときに効率化につながるだろう…と期待したい。あと教則本とかを見ずにネットで適当に調べながら作業したので、後半に大きな問題が発生して破綻した。なにごとも基本は大事。ちなみに(当たり前ですが)InDsignを使ったからといってクオリティが爆上がりするということはなく、編集やデザインのプロに対する畏敬の念が高まりました。

・文字ばっかりになった

f:id:r_ps22:20210505110446j:plain

行き当たりばったりで作っていたらものすごいページ数になってしまい、中綴じ製本(真ん中をホチキスで綴じる)の限界を越えたので、段組を変えて、思い切って写真とかを削りまくった。上は、数少ない写真のあるページ。もう少し写真とかを入れたかった。あと行頭一字下げとか全然やってないな…とあとで気づいた。

・安いプリンタは字がぼんやりする

テストプリントのたびにコンビニに行くのが面倒で、中古の安いプリンタを買ったのだが印字がぼんやりとして読みにくかった。なので結局、本文はコンビニプリントすることにした。 プリンタはテスト用と割り切って使うことにします。

◎最後に

自分で作るのは楽しい。

完成までのことをちょっとだけ日記に書いていたので、よかったら読んでください。

r-ps22.hatenablog.com

www.shobunsha.co.jp

山に登った(御武山・武奈ヶ岳)

山に登りました。

◎登った山:御武山・武奈ヶ岳

・場所:滋賀県大津市

・標高:1214m

・かかった時間:04:18

f:id:r_ps22:20210509115300j:plain

◎前提 

・初心者(「登山するぞ」と決めて登ったのは2回目)

・アプリ「YAMAP」を使用

yamap.com

◎行程

f:id:r_ps22:20210509114745j:plain

出発

f:id:r_ps22:20210509114754j:plain

木陰

f:id:r_ps22:20210509114804j:plain

山をなめてはいけない

f:id:r_ps22:20210509114816j:plain

琵琶湖は広いな大きいな

f:id:r_ps22:20210509114827j:plain

山頂のてんとう虫

f:id:r_ps22:20210509114834j:plain

GEZAN

f:id:r_ps22:20210509114840j:plain

おつかれ山

◎感想など

・登り始めの斜面が急で息が切れた、山頂付近のほうが楽だった

・給水ポイントがなくて詰みかけたが水は足りた

・登山者同士で「こんにちは〜」とゆるいコミュニケーションが発生しているのが良い

・下山中、道を間違えかけたので油断は禁物(後ろからついてきた老夫婦を巻き添えにするところだった)

・家族連れがたまに居たが、明らかに嫌々連れて来られたであろう子どもが不憫だった

・筋肉痛は2日後にやってくる

・春や秋ならまた登りたい(夏は暑そう、冬は寒そう)

・「非日常度の高い環境で身体を動かす」ための選択肢が一つ増えた

5月2日(日)〜7日(金)

5月2日(日)発狂

ZINE作成用のプリンタが届く(自動両面印刷に対応するものを中古で買い直した)。しかしサードパーティのインクを使ったせいでセットアップで苦戦。発狂一歩手前でなんとか動き出したが、いざ予定ページを全て刷るとアホほど分厚くなることが発覚し途方に暮れる。さらに、原因不明のページ入れ替わり現象が発生し発狂(2回目)。基本を押さえず始めるからこういうことになるのだ…。

5月3日(月)見直し

InDesignのサブスク契約最終日。なんとか今日のうちに仕上げたい。先送りしていた「分厚すぎ問題」は、レイアウトを大幅に見直してページ数を減らす方針で解決することにする。無線綴じでオンデマンド印刷という手もあったが、感覚的に今回の予算オーバーだったので却下。写真などを削りまくってようやく完成。この日は一日中雨だった。

5月4日(火)山の方

前日までは2日間部屋にこもりきりだったので、外に出ることにする。朝起きてそそくさとレンタカー屋へ。山に登るのだ。市内に複数の支店があるこの格安レンタカーチェーンは、個人経営の自動車整備工場や販売所が経営を兼ねていることがよくあり、今回もそのパターン。やたら快活なおっちゃんが迎えてくれた。1時間ほどかけて登山口へ。バスでも行けたがなんとなく車を運転したかった。よく言われる「デカい音で音楽を流せる、動く個室」である。

◎行きのBGM

open.spotify.com

◎帰りのBGM (ひとりカラオケ大会)

open.spotify.com

山はよかった。登り降りで4時間くらい(また別で書きたい)。

f:id:r_ps22:20210508131413j:image

5月5日(水)友香と文香

疲れていたのでよく寝た。雨の中カッパを着て、返却期限が過ぎていた本を図書館に返しに行く。晴れてる日まで待ってもらおかな…と魔が差したが、催促の電話がくる時点でアウトなので返した。帰って部屋の掃除。ZINEができたのでその旨のブログの下書き。

柴崎友香・岸政彦『大阪』をやっと読み終えた。そして大変恥ずかしいことに小説家・柴崎友香俳人佐藤文香が自分のなかでごっちゃになっていることに気がついた。なんでやったんやろうか。タイトルだけ知っていて未見だった『きょうのできごと』が柴崎友香の作品と知り、映画を見る前に原作を読むことにする。Kindleで買った。

5月6日(木)モノローグ

1週間ぶりの出勤。定期の更新を忘れていたことに気づき、最悪や最悪やとつぶやきながら外へ。久々の社会生活なのでマスクとかベルトとか、そういう何かを身につけ忘れていやしないかと心配になる。今日は快晴。小説を読んでいると、心の中の独り言が小説のモノローグの文体に引っ張られる。帰り道に定期券の更新。厳密には期間を過ぎていたので新規購入である。JRは券売機で一発だったが地下鉄は紙に書いて窓口に出して…という超絶に面倒な仕組みでイライラしたが、己の職場も紙文化なので人のこと言えんな…となった。

5月7日(金)シベリア

スーツの不動産業者がうちの玄関先までやってきて、ドアポストに大量の資料を強引に突っ込もうとする夢ののち起床。眠り足りないが、ヨガをしてなんとか起動・発進。なぜかタンブラーの蓋をなくしており、諦めて家を出る。今日はうっすらとした曇天。右耳の後ろと胃がちくちく痛い。

written-1natsu.hatenablog.com

↑この記事を読んでいつもと違うことをしたくなり、お昼にコンビニで目にとまった「シベリア」というお菓子を買ってみた。パッケージには「しっとりとしたカステラ生地に口どけのよいようかんをサンドしました」とある。謎だ。胃も痛いし賞味期限が異様に長かったので、デスクの引き出しにしまった。