とりあえず日記

とりあえず日記

生活の記録

7月4日(日)〜7日(水)

7月4日(日)歪み

友人から紹介してもらった整体院に行った。自分は中学生くらいの頃から背骨がS字型に歪んでいて(後ろから見たら文字通り「S」の形に歪んでいて右肩が下がっている)、事前の問診票で「体の歪みは体調にどの程度影響するのか」という質問を書いた。先生は「まあ『歪み』という言葉自体、業界が客寄せのために作った言葉のような面もありますしね。人の身体は左右非対称なものですし」と言っていたが、いざ背中を見てもらったら先生が絶句して「これは思ったより歪んでますね…」とiPadで写真を撮り始めた。「これは疲れやすくて当然です」みたいな意味のことを言われて、以下のようなことをメモした。

おれの体はどう考えてもどうしようもなく歪んでいて、それを受け入れてやるしかない。先生もこれをどこまで正すのかは難しいところだ、と言っていた。もうそういう身体の人なのだと。そう思うと人と比べたりするのは無益だなと、そんなことを思った。

7月6日(火)物欲

プロジェクタ買った。喜びのメモ。

プロジェクタが届いた。明るさも十分だしうわーってはしゃいだ。確かに解像度的な意味ではもうちょっとほしくなる(※)のかもしれないが、今は十分だ。でかい画面でオッドタクシーとかフレシノのMVとか見て満たされた。 

 (※もう少し高解像度の上位機種が欲しくなる、の意)

f:id:r_ps22:20210723100640j:plain

最近物欲が高まっていて、冷静に見たらいろんな種類の私生活の満たされなさをモノで埋めようとしているなおれは。と思うのだが、なんかそれはそれで認めて、欲しくて買えるなら我慢せず買おうやというモードに最近なっている。ちょうどこの頃に読んだ小沼理さんのブログにいたく共感した。

ストレートに「ほしい」と言うのと、欲望を隠してすました顔でいるのって、本当に品がないのはどっちだろう。それは時と場合によるかもしれない。そしてもちろん、買うという判断が間違っているわけではなく、それなりの合理性があるのも事実。でも、「欲望によってそれを選んでいる」ことを隠そうとする心の働きがある場合、合理性で選んだと思い込める時こそ危険だ。欲望を漂白することに慣れると、きっとどこかで歪みが生じてくる。私はもっと自分に正直になったほうがいいと思った。(ヌマ日記:積み上げていく[2021年6月27日(日)晴れ]より)

もう我慢できない、もう我慢しない(折坂悠太『wadachi2020』)

曲中のニュアンスは違うけど。

7月7日(水)何者

熊代亨『何者かになりたい』読了した。主にアイデンティティの話で、関連してこのへんのブログ記事も読んだりした。

amamako.hateblo.jp

www.du-soleil.com

www.du-soleil.com

年齢は強制スクロールされていくが、価値観は任意スクロールできてしまう社会である、みたいな話は身につまされるところがあった。この1〜2年は自分のいろんなアイデンティティが変容する時期だったし、そら大変やわな〜と今の状況を俯瞰するなどした。あとはオッドタクシーの最終回を見て興奮したり、オリンピック関連のニュースにうんざりしたりしていた。

6月22日(月)〜6月27日(日)

ここ最近日記を更新する気にならなかった理由はだいたい100個くらいあって(言ってみたかった)、最近はてなブログ界隈で話題になっている「書きたいことがなくなった」という空気感にも影響されている気もして、なんで日記なんか公開してんだろうな、書きたいことなんかないわみたいな気持ちになっていたのですが、でも手元のiPhoneのメモとかEvernoteとかには何かしらメモを残したりしていて、とりあえず非公開ブログにそれらをまとめると気持ちが落ち着いた。で、気が向いた時に気が向いたことをこっちに書けばええなという感じになったので書きます。

6月22日(月)学ばないドローイング

図書館に行ってこういう本を見つけた。

『学ばないドローイング』は、「絵の専門教育を受けてない人たちが描くこと」をテーマに、従来のデッサンではないやり方で、生き生きと描く方法を学びます。 

 中学生くらいまでは絵をよく描いていたのだけれど、高校進学時に美術系高校の体験授業に行ったら周囲の絵の上手さに挫折して受験を諦めて以降ほとんど描かなくなって、でもたまに描きたいなあと思うことがあり、けどデッサンとか習うのも違う気がするし…と思っていたらこれを見つけた。最近これを見ながら、気が向いた時に描いたりしている。

6月24日(水)結婚と昇進

f:id:r_ps22:20210705094119j:plain

件の本(『失われた賃金を求めて』)は読んでいないのだが、朝からこのツイートを見てあっけにとられてしまった。ツイートの趣旨は女性の待遇に関することだが「男性は結婚して子どもがいると昇進の根拠になる」というケースがあること自体よくわかっていなかった。今まで昇進とかそういう人事評価に乗る環境で働いてこなかったので、おれは何も知らずに生きてきたんやなと思うと同時に、「なんやそのしゃらくさい話は」となった。口が悪くなっている。いや、子どもができたらお金もかかるという事情は頭では理解できるし、自分はガンガン出世したい欲もそんなにないのだが、かといって組織内の昇進とかが結婚という私生活の領域に紐づいているというのは勘弁してくれという気持ちになる。

6月25日(金)雹

夕方、雲行きがどんどん怪しくなってきて雨だと思ったら雹(ひょう)が降り始めた。雹なんて生まれて初めて見て、窓ガラスに小石大くらいの氷の塊がどんどんぶつかってくるので割れるんちゃうかとヒヤヒヤした。けど職場の人たちみんなで「うわ〜」とか言いながら窓際に寄って、見ていてもどうにもならないのに仕事そっちのけでブラインドに指をかけながら外を見ている時間はなんかおもしろかった。 

6月27日(日)靴を磨く

中村佳穂の結婚式に父親と参列して、中村佳穂から僕に宛てたメッセージを父親が朗読する。内容はこう。私とあなたは学生時代同じサークルに所属していて、サークルの趣旨とは別に私は私のやりたいことがあるという矛盾を抱えていたが、あなたのおかげで私はやりたいことができた、ありがとう。という夢ののち起床。中村佳穂は直接の知り合いではない。午前中、なんとなく精神的に調子がよくない感じがしたが靴を磨くと少し落ち着いた。気が滅入りそうになったら靴を磨くというライフハック

6月14日(月)〜18日(金)

6月14日(月)

午前休み。土日は久々に出かけており、本当なら1日休みにしたかったが断念。半日しか働いていないのにへろへろになって帰宅。

6月15日(火)促音

関西ソーカルラジオ6月号を聞く。オノマトペ大臣が久々に行ったサウナで些細な「おかしなこと」に遭遇し発狂しそうになる話が可笑しかった。随所に飛び出す神野さんの蘊蓄が聞いていて落ち着く。

open.spotify.com

それから細馬宏通さんの「詩の練習」がよかった。フジファブリックの『若者のすべて』について。ボーカルの志村さんは「さっ」「あっ」とかの促音が非常に美しく、この曲は「会ったら」「終わったら」と促音の仮定法が続くという話。それを踏まえて聴くと最後は「同じ空を見上げているよ」の現在形で終わるやんけ、と気づいて鳥肌が立った。

open.spotify.com

6月16日(水)

鬼のように眠い。気圧のせいか、と頭痛ーるを開いたが違った。大豆田とわ子が終わってしまった。いいドラマだったな。

6月17日(木)梅

眠すぎて久々に朝の散歩をスキップした。いや、スキップで散歩をしたのではなくて散歩する予定を飛ばした。昨日、和歌山に住む友人が送ってくれた梅(2kg)を受け取ったのだが受け取りが遅れたせいでダンボール内でけっこう熟成が進んでしまっていた。働かない頭でGoogle先生の力を借りて「梅酒 熟成梅」「梅酒 痛み」などと調べあげ、明らかに使えなさそうな梅は取り除き、とりあえずエアコンの除湿をフル回転させて梅はザルと皿に広げておいた。5年くらい前に書いていた自分の日記を久々に読み返す。考えていることがまるで違っていて、もはや別人やんけと思う。

6月18日(金)ジャガイモ

昔の日記遡りキャンペーンが4年前に到達。頻繁に二日酔いと体調不良を繰り返していて笑った。年齢的なもの(20代後半)もあるように思うが、このご時世だと何軒も酒場をはしごするみたいな行為もしにくいよな、とあらためて思う。帰宅後、なにか別の料理に使うつもりで皮を剥き始めたジャガイモを思いつきで揚げたら美味かった。揚げたてのものはだいたい美味い。

f:id:r_ps22:20210622081207j:plain
この日からずーっとトーフさんの新曲を繰り返し聴いている。

open.spotify.com