とりあえず日記

とりあえず日記

生活の記録

10月7日(木)〜10月12日(火)

10月7日(木)

テレビのオンデマンド配信を見ていたら、不仲で知られるベテラン漫才コンビの仲を取り持つという企画をやっていた。還暦過ぎたおっさんたちの意地の張り合いなんか見たくねえわという気持ちも半分あったが、結局最後まで見た。番組中、2度くらい和解未遂と決裂を繰り返して最終的に2人は握手に至るのだが、この間に一体何が起こっているのかを理解したくて、2人が手を取り合う瞬間だけ何度も見返した。それまでの和解しかける瞬間と何が違うのか、ジェスチャー・会話分析が専門のかえるさん(細馬宏通さん※)に分析してほしい。何十年もひとつのことを一緒にやってきた間柄にしかわからん間合いとか、非言語メッセージが山ほどあるんやろな。

※朝ドラの『あまちゃん』全話を通じて、登場人物の挙動や台詞から関係性のありようを論じた『きょうの「あまちゃん」から』は名著です。

10月9日(土)

久々に昔の友人に会った。彼とは仕事も住んでいる場所もまるで違うので、簡単な近況報告から少し話が深まるとああやっぱり全然考え方の違う別の人間なんやな、ということをあらためて思う。最近聞いているいくつかのポッドキャストで「人と喋らないと自分の思想が先鋭化する」というニュアンスのことが語られていたのだが、ああ確かにそうかもしれんなと思う。と同時に、相手から尋ねられて初めて自分の考えがわかるみたいなところもあって「他人といることで自分の輪郭が感じられる」という感覚をちょっと思い出した。しばらく忘れていた。

10月11日(月)

近所のグラウンドから、小学生が運動会の予行演習をしているような音が聞こえてくる。よくネタとして扱われる、教師の「はい、皆さんが静かになるまでに●分かかりました」的話法を久しぶりに聞いて、気持ちが窮屈になってしまった。気を紛らわそうとローファイヒップホップのプレイリストを適当に流すと、教師の拡声器越しの声がサンプリングみたいに聞こえてきて楽しくなった。ゆったりしたビートのブレイク部分で「はい素晴らしい」の一言がばっちりハマったときはもうそういう曲かと思った。

10月12日(火)

折坂悠太の新譜『心理』をずっと聴いている。誇張でなくずっと聴いていられる。夜、めずらしく外に出るかと思ってアルバムを聴きながら川沿いを散歩した。「これはリアル윤슬(ユンスル) ではないか」と思ってiPhoneを取り出して写真を撮ったのだが、夜景モードなのか何なのか、実際に見ている印象よりも光が強調されて写っていて、なんかちょっと違うなとなってしまった。写真が綺麗に撮れるのはいいんやけどな。ユンスルを撮るにはiPhoneSE(初代)くらいがいいのかもしれない。

ちなみにユンスルというのは韓国語で「水面に反射する光」を示す単語だそうで、こういう日本語になくて外国語にある単語(逆も然り)を知るのは楽しい。日本は雨を示す語が多いとか、どこかの国は牛?を示す語が数百?あるとか。うろ覚えだ。

f:id:r_ps22:20211016092334j:plain

open.spotify.com

9月25日(土)〜10月2日(土)

9月25日(土)

最近「あちこちオードリー」をちょくちょく見ている。TVerで。このとき見たのは、出演者の芸人やアナウンサーが「ネガティブポエム」と題したわりとリアルめの悩みを吐露してアンミカとオードリーに聞いてもらう、という回だった。

アンミカの「ポジティブ返し」はちょっとやりすぎだし、若林が思わず「集団セラピーかよ!」と突っ込むようなある種特殊な空気でもあるのだが、人が集まって各々が考えていることを安心して出せて、ちゃんと受け止める人がいて、そこにいる人同士のやりとりを通してなんか視点が変わったり気持ちが軽くなったりする、という過程を見るのは好きだ。テレビショー・バラエティとして作られたものという注釈付きで見る必要はあるし、こういう構造を悪用する輩には気をつけないといけない(なので「壺とか買わされませんよね?」という流れになる)のだが、真摯に話を聞いてくれる人がいたり、人の考えを聞いてハッとするのは嬉しいよね、と思う。黒沢が「話を聞いてくれる人、怒られない環境が吉本にはないんです」と半泣きで言っていたのが象徴的だった。

9月26日(日)

バッテリーが限界だったので携帯を替えた。数ヶ月前にバッテリーを交換してお茶を濁していたのだが、電池が1日と持たなくなってきたのでとうとう諦めた。これを機にSiriの音声入力を使うようになったのだが、これがめちゃめちゃ便利だと気づいてしまった(前の携帯にもあったが使っていなかった)。「買い物リストに重曹を追加して」「5分タイマーかけて」とか一人でつぶやいている。Siriに話しかけるとき、標準語ぽいイントネーションになるのはなぜだろうか。やっぱりああいう機能が出てきたときに見た「モデル」が標準語だったからだろうか(OK,GoogleのCM然り)。でも家で一人で標準語イントネーションで携帯に向かって発言するのはなんか恥ずかしい。誰も見ていないのに。スマートスピーカーを使いこなすような各地のデジタルデバイス猛者たちは、機械相手にどのイントネーションで声をかけているのだろう。

f:id:r_ps22:20211003164330j:plain

直近の三代
9月27日(月)

ドラッグストアでもらえる紙チラシのクーポン(1品だけ15%オフ)を溜めてはせっせと使っている。クーポン1つあたりの使える期間が3日とかなので、必要な品物を数回に分けて買ったりしており、効率が悪い。おれはサンドラッグの奴隷だ。

9月28日(火)

仕事で、「ある程度デジタル化されているはずなのに、超アナログな修正が必要」という作業に携わることがあり「おれは何してるんやろうか」と思って笑ってしまった。この作業に導入されている技術は大昔(数十年前)に開発されたものらしく、当時は画期的やったんやろうなと思う。システムをまるごと他のものに入れ替えたりすればもっと効率がいいのかもしれないが、なんとなく、さっさと変えちまいましょうよという気持ちにならなかった。これは緩慢に死んでゆく道なのかもしれない、とぼやけた頭で思いながら現状を追認している。

9月29日(水)

気温の変化に身体がついていかないのか、とにかくだるい。

9月30日(木)

久々に行ったサウナ施設でチェンソーマンを読んだ。前に1巻を読んであまりピンときていなかったが2巻以降から急に面白くなってきた。続きが読みたい。

10月2日(土)

暗くなって外に出て自転車を漕ぐと、ああここも飲食店やったんかと気がつく瞬間が何度もある。今の家にはコロナ禍に入ってから引っ越したので、近所の通りに灯りがあって食べ物の匂いがするのが新鮮だ。Twitterで「何もないのに祭りみたいだ」とつぶやいていた人がいたが、そうだなと思う。自分も周りも、どこか浮かれている。自宅マンションの隣は居酒屋で、自転車置き場で鍵をかけていたら焼き鳥の匂いが流れてきた。

9月8日(水)〜18日(土)

9月8日(水)カフェイン中毒

昼過ぎにコーヒーが飲みたくなり、自販機で適当に缶のブラックコーヒーを買った。ぐびぐび飲みながらしばらく普通に仕事していたが、夕方くらいから急に落ち着かなくなり汗をかき始め、手が震え出した。カフェインが切れたのか。こんなこと今までなかったのだが。完全に中毒者じゃないか。ググると「水をたくさん飲むといい」と書いてあったので水をたくさん飲んだ。

9月10日(金)出汁

お昼に食べたそばの汁をマスクにこぼしたので、午後はずっと出汁のにおいがした。この日はワクチン2回目。夜体温を測ると37.6度で、シャワーから上がると38.7度。カロナールを飲んで寝ようとするが、寒気に襲われて体が小刻みに震える。しばらくしたら38度前半に下がったけれど、頭も痛いし2時間おきに目が覚めるような有様。トイレがめっちゃ近くなった。

9月11日(土)オードリー

朝、だるくてダメ。少し楽になったかと思いきや38.0度くらいをうろうろ。ゼリーとかアイス食べたくてコンビニ行く。普通に歩けるので少し回復した気がする。空腹でカロナールを飲むと胃がやられるので、なんとか昼飯を食べる。食後に薬を飲んで、寝たり起きたり、『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです』を見たりする。午前中は星野源オールナイトニッポンの若林ゲスト回を聞いており、オードリーに助けられている。夜はお腹が空いてたので、冷や汁とトーストとヨーグルト、バナナにゼリー。食べられるものをかたっぱしから食べた。熱は37.0前後になったがだるさと頭痛がある。

9月12日(日)山も見える

ベランダの窓をあけると、斜め向かいのビルが解体されて視界が開けていることに気がついた。どおりでここ数日ずっと、金属のぶつかる音や硬いものが崩れる音が響いていたわけだ。公園のでっかい木、その向こうには教会、さらに遠くには山も見える。心なしか風の通りがいい気がする。住み始めた頃は長く持たないだろうなと思っていた部屋だが、最近は案外悪くないなと思い始めている。

チケットを取っていたカネコアヤノ のライブはあきらめた。熱は下がっていたし出発する気満々で準備して着替えたけれど、動くたびに頭や身体が重くて、結局家を出ることができなかった。ざんねん。

9月13日(月)ジェットストリーム

仕事で使っているボールペン(ジェットストリーム・赤)が折れた。これでもう何本目だろうか。筆圧は強いほうだと思う。しかし折れたのはペン本体の真ん中あたりで、筆圧というよりも握る力だ。文字を書くときにペンを強く握りすぎている。あと持ち方が変なのでペンの真ん中に負荷がかかりやすい。この数日後に黒も折れた。次の週末は文具屋に行く。

9月16日(木)イオン

「現存最古のイオン」こと京都・東山二条店が一時閉店するというので行ってきた。数年間近くに住んでいたことがあって、よくお世話になった。ひとむかし前の商業施設らしさの残る、低い天井が懐かしい。常連らしき親子をベテランの店員さんが呼び止めてプレゼントを渡していた。このイオンのことを取り上げた新聞記事に載っていた「数十年働いている店員」さんかなと想像する。

f:id:r_ps22:20210918095338j:plain

9月18日(土)リリック

ラップミュージックで「リリック(歌詞)がぎりぎり聞き取れるけど言葉の意味として認識するには頭が追いついていないとき」が聞いていていちばん気持ちいい。リリックを覚えてしまってソラでぶつぶつとなぞれるようになると、この気持ちよさはどこかへ行ってしまう。

俺はギャル 浅田真央

鶴はJAL 俺は鳩

Famgoonはralo

泊まる抜群な宿

飛ばす真っ直ぐナンヤード

 

open.spotify.com